[LAND-FX]口座開設から取引および入出金までの流れを徹底解説!

LAND-FX 口座開設方法

こちらからLAND-FXの口座開設ページにアクセスできますのでこのページを参考に一緒に作ってみてください↓

もう少し下までスクロールすると、情報を入力する画面が出てきます。

注意点も合わせてご紹介していきますので、一緒に確認しながら登録していきましょう!

リアル口座 1/2の入力

・法人or個人の選択 どちらか選んでください。
 基本的には個人でOKです。

・PlatformType MT4かMT5の選択です。
現在お使いの物があれば、それに合わせてもらってOKです。
MT4とMT5の違いは、下でご説明します。

・口座のタイプ LiveかRestratBonusの選択です。
こちらはRestrat Bonusを選択してください。

・通貨の選択 取引口座の通貨の設定です。
JPYを選択します。

・レバレッジ 口座開設後も変更できます。
500:1 を選択します。

MT4とMT5の違いは?

MT4とMT5は、バージョンが違うだけで基本的な操作は同じになります。

現在(2021年3月現在)のシェアは、MT4の使用率は80%以上と言われています。

MT4の方が開設サイトやカスタムインジケーターなどの項目が豊富です。
MT5も基本的な操作は変わりません。

決定的な違いは、ソフトの動作速度です。

MT4では、1秒ごとにカクカクとチャートが動きます。
一方MT5では、ヌルヌルとチャートが動きます。

実際にソフトを触ってみて、どちらが良いか選んでみると良いでしょう。

*PlatforTypeは、開設後に変更できないので間違えないように注意してください。

個人情報

・名前 自分の名前を半角英字で入力します。
 例=Taro

・苗字 自分の苗字を半角英字で入力します。
 例=Tanaka

・性別 男または女を選択します。

・国籍 国籍をリストから選択します。
 日本国籍の場合はJapanを選択してください。

・生年月日 リストから選択します。
 例=2000-01-01

こちらは、提出する本人確認書類と照合されますので、間違えないようにお気を付け下さい。

個人情報(連絡先)

・携帯番号 ハイフン(‐)なしで入力します。
 認証SMSが送信されますので、SMSが受け取れる番号を入力してください。

・固定電話 ない場合は、携帯番号と同じでも可能です。
 空白にするとエラーになりますので、忘れずに入力してください。

・メールアドレス 携帯のアドレスは使用できません。
 (docomo・au・softbankなど)
 Gmailは使用できたので、メールアドレスが無い方はこの機会に作成するのも     
 いいかもしれませんよ。

以下の住所関連は非常に間違いやすいので、丁寧に入力していきましょう。

・居住国 日本の場合、Japanを選択します。

・都道府県 
例:東京都の場合 Tokyo-to 
  神奈川県の場合 Kanagawa-ken

・市区町村
例:新宿区新宿の場合 Shinjuku,Shinjuku-ku
  横浜市中区港町の場合 Minato-cho,Naka-ku,Yokohama-shi

・番地、建物名など
例:1丁目2番地3号FXマンション101号室の場合
  101 FX apartment 1-2-3
  
  1丁目2番地などの建物名が無い場合
  1-2

・郵便番号 ハイフンは無くても大丈夫です。
 例:000-0000

こちらも本人確認書類と照合されますので、間違えないように丁寧に入力してください。

分からない・不安な場合は、住所+英語表記と検索すると翻訳してくれるサービスもありますので、そちらを利用してしまうのも方法の1つです。

注意事項としては、SMS認証を先に完了しておかないと、次へのボタンが押せません。

一通り入力したら、SMS認証を行ってから最下部の次へを押してくださいね。

SMS認証では、5分と猶予がありますので、焦らなくて大丈夫です。
下の数字は、受け取れなかった際の再送信可能になるまでの時間です。

受け取れなかった場合は、
・番号が間違っていないか
・ハイフン(-)が入っていないか
を再確認して、再送しましょう。

リアル口座開設2/2

資産情報&雇用状況

こんな感じの画面に切り替わりますね。

ここからは、資産状況や投資経験についての質問が続きます。

いきなり不安な質問が・・・。と思うかもしれませんが、正直に答えてしまって大丈夫です。
LAND-FXのサポートでは「入力情報によって口座開設の拒否やレバレッジ制限は行わない。」と明言していますので、安心してください。

それでは入力内容を一緒に確認していきましょう。

・自己資産 自己資産をドルに変換して入力します。
 例:20000 など。
こちらは0で、無資産でも大丈夫です。

・推定年収 年収をドルに変換して入力します。
 例:60000 など。
こちらも無収入でも問題ありません。

・雇用状況 リストから選択します。
 例:会社員

・産業 リストから選択します。
 例:IT

こちらは、先にも述べた通り審査に影響するものではありません。
基本的には正直に答えてしまって問題ありません。

取引経験

こちらでは、ご自身の取引経験を入力していきます。

それぞれをリストから

  • 0~6か月
  • 6~24か月
  • 24+か月

という期間から選択していきます。

こちらも、正直に入力してしまって大丈夫です。
例えすべてを「無し」と回答しても口座開設を拒否されたり、レバレッジ制限を受けることはありません。

身分証明書のアップロード

身分証明書として使えるものは

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • パスポート

になります。

また、

  • 有効期間内であること
  • 顔写真
  • 名前
  • 生年月日
  • 発行機関

がはっきりと確認できなくてはいけません。

運転免許証を例にすると、こんな感じですね。

スマホのカメラで撮影すると、光が反射したりしてしまいますので、注意して撮影しましょう。

写真例の1~4の箇所が、はっきりと読めるかどうか確認して大丈夫であれば、身分証明書のアップロード項目の、「検索」を押して、スマホ内の画像を選択しましょう。

居住証明書のアップロード

居住証明書では、

  • 住民票
  • 銀行の明細
  • 公共料金の領収書

などが利用できます。

また、

  • 三か月以内に発行されたもの
  • 名前
  • 住所
  • 発行日

が確認できる必要があります。

最もお手軽なのは、公共料金の領収書ですね。

こんな感じで、名前・住所・発行日が確認できれば大丈夫です。

すべての項目の入力が終わったら、次へを押します。

約諾書

こんなページに切り替わりましたか?

ここは、約諾書なのですが、Google翻訳等である程度目を通したら、画像のように最下部のチェックを入れて次へを押します。

追加リスク開示

もう少しで登録が終わるので、頑張りましょう。

これらのチェックボックスはすべてチェックを入れて、次へを押します。
(画像では上の4つにチェックを入れていませんが、忘れずチェックしてください!)

ちなみに内容的には・・・

・20歳未満、65歳以上の場合
・投資経験が6か月未満の場合
・年収が$25,000未満の場合
・投資金が純資産の25%以上の場合

LANDFXでの投資に向いていないかもしれないよ。といった内容になっています。

上記内容にあてはまったとしても、あくまで注意喚起をしているだけなで、口座開設にはなんの問題もありません。
あくまで投資はリスクがありますので、注意を呼びかける内容となっています。

口座開設の申請完了

上記の手続きが完了し、次へを押すとこんな画面に切り替わったかと思います。

この画面が表示されたら、あとは待つだけです。

口座開設完了メール

無事に申請が通ると、登録の時に入力したメールアドレス宛に以下の様なメールが届きます。
(早い時は2~3時間、基本的には1~2日程時間がかかります。)

このMT〇アカウント・パスワードは、対応したMTにログインして利用するための情報ですので、忘れないように・流出しないよう気を付けて保管しましょう。

提出書類やデータの不備があった場合

LANDFXから、別途メールで案内が送られてきます。

よくある不備としては

  • 住所の記述ミス
  • 証明書の画像が不鮮明・反射して見えない
  • 有効期限切れ

などがあります。

このような場合は、再入力するフォームが送られてくるのでそこで登録しなおせば大丈夫です。

Follow me!

[LAND-FX]口座開設から取引および入出金までの流れを徹底解説!” に対して1件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。